【六本木 ランチ】牛タンカツを求めて訪れたお店はなんと会員制のグリルバーだった

牛タンカツのランチの店をみつけたよ、と同僚に聞いて行ってみることにした。
どうやら、食べログには載っていないようだ。グーグルマップのURLだけ送られてきた。店名に「東京レア牛タンカツ」とだけ書いてあった。
あまり席数の多い店じゃないとのことなので少し早め(11時半前)に行ってみた。ミッドタウンから近くだ。地図を頼りに来てみると、、、本当に「東京レア牛たんカツ」と書いてあった。

店内はカウンターのみでゆったり座れるソファーがあった。8人分くらいの座席数だ。落ちつける空間である。
メニューをみると3種類あるようだ。
1. レア牛タンカツ定食
2. 牛タン焼き定食
3. ネバネバさらだ定食
牛タン焼き定食にも惹かれたが、初回なのでレア牛たんカツを注文することにした。
店員さんとお話しをしていたら、どうやらこちらのお店は、夜は会員制のグリルバーとのことだ。
もともとは、クラウドファンディングの「Makuake(マクアケ)」で会員を募集しはじめたという。ランチは会員ではなくても頂ける。もちろん、店頭で会員になることもできる。
そして、もうお分かりの通り、このお店の名前は「東京レア牛タンカツ」ではなく、「8113」である。
おそらくお客さんの誰かが店頭の看板を見て、グーグルマップに載せたのだろう。謎が解けた!
さてさて、そんなことを話しているうちに牛タンカツが運ばれて来た。


牛タンカツは、歯ごたえも良く、ジューシーで美味しかった。
メディアにも会員制のグリルバーとして掲載されているようだ。住所非公開とのことだったので敢えてここには書かないがグーグルで探すとすぐにわかるだろう。
ご興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。

0 件のコメント :

コメントを投稿